雨漏り修理を行なう際はいろいろな工法をチェックしよう

工法によって異なるメリット

雨漏り修理の際に実施される防水施工にはいくつかのパターンが存在しており、それぞれの施工法によって効果は大きく異なります。まずはいろいろな施工法の内容をチェックして、それぞれの目的に合った施工法を探してみましょう。

雨漏り修理で用いられる工法

アスファルト防水工法
防水性や施工性も優れているのがアスファルト防水工法であり、一度施工を行なっておけば長期間雨漏りを予防することが可能です。従来の工法と違って臭いや煙の発生が制限されているため、子供にも安心な施工といえます。
塩ビシート防水工法
プールなどの場所では塩ビシート防水工法を使った防水施工がよく活用されており、仕上がりがとても美しくなるため施工後の場所をより華やかにすることが可能です。耐久性も優れているので、きちんと防水効果も維持できます。
ゴムシート防水工法
ゴムシート防水工法はコストパフォーマンスがとても高く、手頃な費用でどのような建物も施工することが可能です。しかしシートの貼り付けを行なう際は、シートの端部分が剥がれてしまわないように注意しなければなりません。

人の出入りの多い場所こそ防水を

幼稚園などの子供が多く出入りする場所は、しっかりと防水施工を施し足元が滑らないように対処する必要があります。特に玄関部分などの場所は滑りやすくなっていることが多いため、しっかりとした防水工事を施して子供が怪我をしないようにしましょう。また子供が出入りするトイレやベランダといった場所も滑りやすいため、防水施工を行なう際はこうした場所も同時に工事しておくのがベストです。こうしておけば、工事費用を安くすることができます。

TOPボタン